自信を変えるNLP

セルフイメージを高める

Posted by nlpmasuta on 18 12月 2012



NLPを学ぶことで、セルフイメージを高めることや、
書き換えることができます。以前にも、セルフイメージに
関しては触れましたが、改めて、別の角度からお伝えしながら、
基本的なことを一緒に学んで行きましょう。


まずは、 NLPセミナー全体を通して、高めることの出来る
セルフイメージですが、高める(書き換える)っことでどのような
変化・成果・日常の充実があるのか?

ということですが、主に次のような変化・成果・日常の充実があります。


・思考の変化
・心のブレーキの解除
・感情の変化
・選択の変化
・行動の変化
・環境の変化


などを始めとして、セルフイメージが高まえると、
あらゆる面で変化してきます。


それに伴い、毎日の心の状態や気分も変わりますので、
「日々が楽しい」という感覚を覚える方が、とても多いです。



なぜかといいますと、NLPでセルフイメージを高める前(今の自分)
とセルフイメージを高めた後をイメージして頂くと分かります。
あきらかに違うと思います。


では、どうしてそのようなことが起きるかといいますと、
人は自分に対して抱いているイメージにふさわしい行動を取るからです。
それは心理学の世界では言われていることです。


例えば、NLPセミナーでも、私は望んでいる結果を手にする人間だと
イメージできていれば、そのイメージに従って行動します。

ただ、意識的と言うよりも無意識レベルでの話ですので、
中々、気づきにくいです。しかし、シンプルな方法を積み重ねることで、
セルフイメージを高める(書き換える)ことができます。


その為の方法をあらゆる角度から学べるのも、NLPセミナーの特徴です。
そして、自信とは、セルフイメージにも関係しています。


自信がないと気づいた時に、自信を身につけられる

Posted by nlpmasuta on 23 10月 2012



NLPプラクティショナーには、キャリブレーションという
観察するためのスキルがあります。


NLPのプラクティショナーコースでは、
コミュニケーションの中で、相手の状態を観察するための
スキルや能力として教わります。


そして、コミュニケーションでNLPのキャリブレーションを
使うことで、相手の状態に合わせながら、相手を理解しながら、
大切にしながらコミュニケーションを取ることができます。


では、自分自身に使えないのでしょうか?
実は、自分にも使えます。



<NLPのキャリブレーションを自分に使う>


コミュニケーションの時に、相手に向けていた思考や感覚を
あなたに向けましょう。それだけで変わります。



例えば、

・今、何を感じているか?
・今、どんな状態か?
・今、何を考えていたか?
・今、何を思っていたか?
・気分はどうか?

など、


今のあなた自身の内側で起きていること、
ざわめき、ひらめき、苦しさなど、何でもいいですので、
あなたが感じていることに意識を向けて、気づくことが大切です。


そして、NLPのキャリブレーションで気づいたら、
そこで一度止まります。


一度止まって、気づいたことを大切にします。
そして、気づいたことに対して、どうしたいのかを選択して、
必要な行動を取ります。



また、NLPのキャリブレーションをして、あなたの内側に意識を向けた時、
あなたの自信を奪っているものを見つけたら、それを解消するチャンスです。
NLPのワークには、目的に合わせて、いろいろなものがあります。
是非、それらを活用して、自信を身につけることや解消することは可能です。


マイナスのイメージを軽減する方法

Posted by nlpmasuta on 25 8月 2012



あなたのマイナスのイメージを軽減させましょう。


人生経験を積んでいきますと、いろいろな経験を積んでいきます。
そして、記憶にお残ったものの中には、突然思い出される、嫌な
感情を思い出させるような経験もあります。


では、もしもそのようなマイナスのイメージを軽減することが
できたとしたらいかがでしょうか?

もちろん、全てのイメージを完全に軽減することはできません。
ひどく辛い経験やイメージを持っている方で、辛い方は、
プロのセラピーなどを受けるのがベストです。


ここでお伝えしたいのは、ひどくはないけれど、やはりある程度の
マイナス感情を生み出してしまうものに関して、ということです。

その為に使えるNLPのスキルですが「サブモダリティチェンジ」
と言います。このサブモダリティチェンジとは、イメージにともなっている
5感を通した情報を変化させることで行うことができます。

メインは視覚になりますが、聴覚や身体感覚などの、
NLPでいうサブモダリティを変化させることで、イメージの
持つ力を変化させていきます。


もしも、良いイメージ(楽しい、嬉しいなど)に、
NLPサブモダリティチェンジをすると、良いイメージが強化されていきます。


そして、良くないイメージを変化させると、
マイナスのイメージを軽減することが出来ます。


長くなりましたので、具体的な方法は、次回にお伝えしていきますが、
NLPのサブモダリティチェンジを行うことで、良くも悪くも、
イメージをより有効に使うことも、マイナスイメージから受ける影響を
低くすることも出来るのです。


アソシエイトとデソシエイト

Posted by nlpmasuta on 26 6月 2012



NLPを使って、物の見方を変えることで、自信が生まれます。
それは意識したら自信になりますし、意識しなくても、
それが無意識に自信になります。



なぜならば、今からお話していくアソシエイトとデソシエイトを
学び、日常的に実践することで、人間関係においての視点が変わります。
視点が変わることで、思考や発想、行動が変わります。

それは、気づけば、あなたの人間関係能力を高め、関り合いを豊かにします。



では、NLPセミナーで学ぶアソシエイトとデソシエイトについて学びましょう。

◯アソシエイト⇒アソシエイトとは、主観的な視点のことです。
        私は、という視点です。


◯デソシエイト⇒デソシエイトとは、客観的な視点です。
        彼は、彼女はみたいな視点です。


そして、NLPのアソシエイトとデソシエイトを活用することで、
人生が変わります。では具体的な話に入りましょう。



アソシエイトを使うことで、自分の視点で物事を見ていくことができます。
自分ことに向き合う時に、NLPのアソシエイトの視点は大切です。

ただし、それだけでは偏りますので、デソシエイトも大切です。




では、デソシエイトの視点です。NLPのデソシエイトの視点で
物事をみることができるようになると、客観的に自分を見たり、
客観的に相手の立場にたったりすることができます。

それは、相手のことを想像する習慣を与えてくれます。
そこから生まれる視点や発想、理解や共感は、仕事や人生に
大きく影響力を持っています。


是非、ご活用下さい。


手放したいビリーフにメタモデルを使う

Posted by nlpmasuta on 18 4月 2012



ビリーフを変える、高める、強化するということ以外に、
「手放す」ということが出来ます。


とても大切なことですので、お伝えしたいきます。


例えば、あなたが変えたいビリーフを手放すことができたらいかがですか?
それがなければ、もっとあなたが望んでいる状態に近づいているかもしれません。
しかし、そのビリーフがあるお陰でロスをしているかもしれません。


では、NLPでは、どのようにビリーフを手放すことができるのでしょうか?
前回ご紹介した「ビリーフチェンジプログラム」以外の方法をご紹介していきます。


それは、NLPのメタモデルを使っての方法です。


以前にお伝えしたかもしれませんが、思い込みなどの思考に対して、
NLPのメタモデルを使うと、次のような質問を行うことができます。


「本当に?」{本当ですか?」
「誰が決めたの?」「それって自分が決めたんですか?」
「それをしないほうがいいというけれど、したらどうなるの?」
「それをすると失敗すると言われていますが、それをするとどうなるの?」


などの質問のすることができます。


大切なのは、手放したいビリーフを弱らせることです。
深いレベルで信じているビリーフを手放すために弱らせます。


その為に、疑問を持ち、揺らいでいる状態を作ります」
自信がある人が、自分の持つ自信に対して疑問を持った時に、
パフォーマンスを最大限に発揮することが難しくなるのと同じです。


NLPのメタモデルを使い、手放したいビリーフ、
あなたにとってマイナスとなっているビリーフに対して、
疑問を持つことで、マイナスのパフォーマンスも弱まります。


つまり、NLPのメタモデルを使うことで、手放しやすい状態を作ることができます。
とても使える方法になります。是非、お試し下さい。


ビリーフを書き換える

Posted by nlpmasuta on 23 2月 2012



自信を付けたい時、実はシンプルな積み重ねでつけることができます。


もちろん、自信と言ってもいろいろな自信が存在しているのですが、
まずは、全体的な自信の高め方を学んで行きましょう。

それをNLP資格のセミナーでは、ビリーフチェンジと言います。
とてもシンプルな方法です。次のように行ないます。

まずは、一つだけでいいですので、明日中にやることを決めて下さい。
何でもいいです。仕事のことでも、部屋の掃除でも、本を読むでも
何でもいいですので、まずはひとつ決めましょう。

NLPのビリーフチェンジを行なう時に、このようにやるいことを予め決めて、
自分自身に対して宣言をします。そして、この時に大切なことがあります。
NLPのビリーフチェンジをする時は、絶対にできることから始めます。
何があってもやることのみを決めて、自分に対して宣言します。

最初は一つでもいいですので、「決めて、宣言して、やる」を行ないます。
これを積み重ねていきます。すると、決めたことイメージしたことは、
達成されるという形で、潜在意識が認識します。

このように、NLPのビリーフチェンジを行ないます。

これを繰り返すことにより、意識レベルでも、無意識レベルでも、
自分を信じることができるようになってきます。

次第に自信がついてきていることに気づいてきます。
そうやって、NLPのビリーフチェンジで、有言実行のプロセスを
くりかえしながら、決めることの難易度を高めていきます。

やるとやらないと出は、大きな差があります。
また、調子がわるいなと思ったら、簡単なレベルから、
NLPのビリーフチェンジをやっていくと、コンディションが
整ってきたりします。是非、お試し下さい。


一つずつ、コンプレクスを自信に変える

Posted by nlpmasuta on 21 12月 2011




NLP資格のセミナーを学ぶことで自信をつけることができます。


厳密には、自信をつけると言うよりも、
不安や恐れなどの、自信を妨げているものを取り除くことで、
自信が見えてきます。


つまり、自信というものに蓋をしていた状態から、
1つずつ、蓋を開けていくのです。


NLP資格のセミナーでは、樹雲な思考や行動が
目標達成には欠かせないことを教えてくれます。


NLPを大阪で学んだ男性は、
それをセミナーの中で学び、次のように行動を開始したそうです。


それは、1つずつ、蓋をあけていき、
自信を引き出すことです。


NLPを大阪で学んだ男性は、いろいろなコンプレックスがあったようです。
小さい頃の家庭環境から来るものや、大きくなってからの経験、
仕事を始めてからの苦しみや失敗の体験、男女関係での失敗など・・・


1つずつ、買ってな思い込みで出来上がった不安や恐れ、
心のブレーキになっている要素を改善して行きました。


本当にほとつずつの地道な作業だったそうですが、
自分んが本来こうなりたいという自分になるために行ったそうです。


1つずつ、不安や恐れなどの元になっているコンプレクスを解消していくことで、
NLPでいうセルフイメージが高まっていったそうです。


そして、自分を信頼できるようになってきたそうです。
ではその為に、NLPを大阪で学んだ男性が、まず行ったことは、
自分の変えたい部分をしり、必要なことに意識を向けただけだそうです。


NLPでいうフォーカスです。
とにかく、1つずつ、解消していくことで、
見違える自分になるのです。


一歩づつ前に進んでいくこともできるのです。


コミュニケーションをモデリング

Posted by nlpmasuta on 16 11月 2011




コミュニケーション能力というテーマで
モデリングについてさらに深めて行きましょう。


東京でNLPを学んだ男性がいらっしゃいます。
彼の営業成績は中の上でした。


そして、彼が更なる成果を求めつつも行きずまっている時、
書店で営業本やマーケティング本やコミュニケーションの
本をどんどん買ってきて、勉强をしていたそうです。


そして、コミュニケーション検定や聞き方教室にもいきました。


その後、NLP資格のセミナーを学び、モデリングに出会います。
そして、今までも真似したけど、うまく結果に結びつかなかった
トップ営業マンさんをもう一度モデリングで真似しようと考えました。


トップ営業マンさんは。非常にコミュニケーションが上手だそうです。
まずは、お客様に手稲に挨拶しつつも、笑顔と笑いを多用していたそうです。


今までは表面的に、NLPでいうモデリングをしていましたが、
自分本位に真似していた為、時に、お客様のテンションに
合わせることができすにクレームも生んだことがあるそうです。


しかし、トップ営業マンさんは、笑顔や笑いをする時に、
何にフォーカスしているのか?ということを学んでから変わりました。


それは、トップ営業マンさんが笑顔や笑いをする理由は、
大きく2つでした。お客様に安心感と親近感を感じて頂く。


話しやすい場を作る。ということでした。
お客様本位の考え方を内面に持っていました。


NLPのモデリングとは、表面的な身体の使いかただけでなく、
内面の考え方や意味や価値感も大事にしています。


NLPでいうフォーカスも大切です。
このように、NLPのモデリングをする際に、どこに
フォーカスするかで全く意味も結果も変わるのです。


そんな点でも、NLPのモデリングを見たいただくと
より質の高いモデリングをすることができるようになります。


モデリングで自信をつける

Posted by nlpmasuta on 21 10月 2011




「身体の使い方を変えるだけで気分が変わる」


以前にご紹介したかはわかりませんが、
NLPの前提に「心と身体は1つの有機システムである」
という言葉があります。


身体の使い方や姿勢を変えるだけで、
私たちの気分や感情は変わったりします。


ところでモデリングについてお話をしていましたが、
モデリングをすることで、身体の使い方も変わります。


つまり、先ほどの前提と同じ原理もあります。
更に、自分が尊敬している人をモデリングする場合。


相手に対していい感情を持っています。
すると、NLPのモデリングで姿勢や身体の使い方を
合わせるだけで、自分の中で変化が起きやすいです。


恐らく多くの方が実感したことがあると思います。
誰かのモデリングをして演じている時、
自分が誇らしくなった経験が。


つまり、モデリングしているだけで、
NLPでいうセルフイメージが変わって
くることも多々あります。


では、NLPプラクティショナーで学ぶモデリングの
やり方をシンプルにご紹介していきます。


1、達成したい目標を決める
2、モデリングの相手を決めます。
3、モデリングを通して、何を学びたいかを決める


4、イメージの中で主人公の自分に目標を達成する
5、自分とモデルを入れ替えて、目標を達成する
 この時に、いろいろと感覚や思ったこと、気づいたことを
 覚えておくことが、NLPのモデリングを効果的にします。


6、モデルの中にイメージの中で同化して、目標を達成します。
 この時に、イメージしながらも身体を動かすと効果的です。
 ⇒達成後、モデルのなかっから出る(イメージの中で出て感謝する)


7、学んだこと、気づいたこと、感覚をもとに、
  イメージの中で主人公の自分で目標を達成する。
 ⇒身体も動かしてやってみると効果的


以上がシンプルですが、NLPのモデリングです。
このモデリングで学んだことを元に、日々演じていくことで、
自分の資質にしていくことができるのです。


NLPのモデリングで選択肢を増やす

Posted by nlpmasuta on 16 9月 2011




NLPを使って、選択肢を増やしましょう。


不思議ですが、自身があるだけで、自分の視野も思考も広くなります。
すると、今までは見えていなかった選択肢が見終えてくることもあります。


これは実に多いです。


そして、私たちは未来への可能性が見えている時ほど、
自信や確信を持ちやすいです。


なぜならば、期待や希望がそこに見いだせるからです。
その点で、NLP資格のセミナーで学べる内容を使うとしたら、
どのように使えるでしょうか?


これはとてもシンプルです。


色いろある中で、今回はNLPのモデリングを学びましょう。


このモデリングの何が素敵なんだと思いますか?
もしも今、自分の可能性をもっと高めたい、現状の自分を変えて、
未来への希望おを持ちたい、高めたいとお考えでしたら、
モデリングをすることで、見出しやすくなります。


NLPのモデリングのやり方はシンプルです。
今、自分が出したい結果に目を向けます。


目を向けて、その結果を出している人をイメージしましょう。
「誰がその分野で卓越した結果を出していますか?」



もしも、NLPのモデリングを行なうとしたら、
その人から徹底的に学びます。


結果を出している人には結果を出している理由があります。
それを自分に取り入れることで、現実は変わり始めます。


そして、人生が変わることもあるわけです。
今の自分と、モデリングから学んだあとの自分を比べると分かります。


あきらかに選択肢が増えているはずです。
そして、NLPのモデリングをしていくと気づけることがあります。


それは、選択肢は自分で生み出せるということです。
それが、自信や期待や希望に繋がります。


NLP資格セミナーで学べるモデリングについては、
詳しくは、次回にお話していきます。